2サイクルエンジンと4サイクルエンジンのバイクでは買取査定の違いとは?

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンのバイクでは買取査定の違いとは?

Amazonセールで今売れている人気商品をチェック!今すぐ確認!

Alexa(アレクサ)はあなたの生活を便利にする音声アシスタント。
すぐに使える10個の役立つ使い方をご紹介します。
今すぐ確認!

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンのバイクでは買取査定の違いとは?

 

 

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンのメリットデメリット

 

 

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンのメリットデメリットをまとめてみました

 

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンのメリットデメリット

2サイクル,4サイクル バイクのメリット、デメリット
2ストローク メリット 2ストロークの特徴は同排気量のバイクでもパワーを出しやすい構造。シンプルなメカニズムため車両金額が安い。
2ストローク デメリット パワーがでるぶん壊れやすい。エンジンからの振動が伝わりやすい。燃費が悪い。
4ストローク メリット 燃費が良い。環境に優しい。エンジンも長持ちする。
4ストローク デメリット 2ストロークと比べてパワーが出ない。車両価格がやや高め。

 

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンのバイクでは買取査定の違い?

 

 

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンでは買取価格に違いがあります

 

結論から言いますと、2サイクルエンジンと4サイクルエンジンでは買取に違いがあります。

 

2サイクルエンジンは、1回の吸気で燃焼と排気を行うエンジンです。

 

それに対して、4サイクルエンジンは、1回の吸気で燃焼と排気を行うのではなく、吸気、圧縮、爆発、排気の4つの行程を1サイクルで行います。

 

燃焼行程が複雑になることでエンジンの作りも複雑になるのが4サイクルのエンジンということです。

 

そのため、2サイクルエンジンの特徴は4サイクルエンジンに比べて、加速性能に優れているのですが、排気ガスの汚染が大きく、騒音も大きいというデメリットがあります。

 

4サイクルエンジンは、2サイクルエンジンに比べて、加速性能は劣りますが、排気ガスの汚染が小さく、騒音も小さいというメリットがあります。

 

通常、原付バイクの買取においては、2サイクルエンジンは、4サイクルエンジンに比べて需要が低い傾向があるため、2サイクルエンジンの原付バイクを売却する場合は、査定額が下がる可能性があります。

 

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンの違いとは

  • 排気ガスの汚染が大きい
  • 騒音が大きい
  • 燃費が悪い
  • 車両価格に違いがある

 

排気ガスの汚染が大きい

排気ガスの汚染が大きいということは、環境に悪いということです。

 

そのため、環境に配慮する消費者は、2サイクルエンジンの原付バイクを敬遠する傾向があります。

 

騒音が大きい

騒音が大きいということは、近隣住民に迷惑をかける可能性があるということです。

 

そのため、騒音に敏感な消費者は、2サイクルエンジンの原付バイクを敬遠する傾向があります。

 

燃費が悪い

燃費が悪いということは、維持費がかかるということです。

 

そのため、維持費を抑えたい消費者は、2サイクルエンジンの原付バイクを敬遠する傾向があります。

 

車両価格に違いがある

4サイクルエンジンを搭載したバイクは2サイクルエンジンのバイクよりも製造コストがたかくなることから、車両価格も高くなる傾向があります。

 

2サイクルエンジンでも希少性や人気が高ければ高価買取もある

 

 

2サイクルエンジンでも希少性や人気が高ければ高価買取もあるよ

 

2サイクル原付バイクを高価買取するとは

  • 希少性が高い
  • 人気が高い
  • 走行距離が少ない
  • 傷や汚れが少ない
  • エンジンの消耗が少ない
  • バイクが整備がされている

 

通常は4サイクルエンジンの原付バイクの方が査定が高いのですが、2サイクルエンジンの原付バイクでも希少性や人気が高ければ、高価買取を期待することができます。

 

例えば、以下の条件に当てはまる原付バイクは高価買取が期待できます。

 

希少性が高い

生産台数が少ない、廃盤になったモデルなどの原付バイクは、希少性が高くなるため高価買取が期待できます。

 

例えば、スズキのGT750水冷ですが、この排気量にもかかわらず2サイクルエンジンを搭載されたバイクでした。その理由から今でも高い査定が付くバイクのようです。

 

人気が高い

カスタマイズが施されている、レトロなデザインの原付バイクなどの人気が高い原付バイクは高価買取が期待できます。

 

また、2サイクルエンジンの原付バイクを売却する際には、以下の点に注意が必要になります。

 

走行距離が少ない

走行距離が少ないほど原付バイクの価値は高くなります。

 

2サイクルエンジンの原付バイクを売却する際には、走行距離が少ないものを売るようにしましょう。

 

傷や汚れが少ない

傷や汚れが多いと、原付バイクの価値は下がります。

 

2サイクルエンジンの原付バイクを売却する際には、傷や汚れを少なくするようにすることも大切です。

 

エンジンの消耗が少ない

2サイクルエンジンの原付バイクは、エンジンを高回転にしてしまい全開にして走行する人が多い傾向にあります。

 

その結果、どうしてもエンジンにかかる負担が大きくなってしまう原付バイクが多いようです。

 

ですので、もし原付バイクを売ることを想定しているのであれば、エンジンのメンテナンスにも気を配る必要があります。

 

なぜならば、走行の状態は、マフラーの焼け方、プラグの具合などから査定のときに判断することができるからです。

 

バイクが整備がされている

整備がされていない2サイクル原付バイクは、故障のリスクが高いため査定額が下がる可能性があります。

 

そのため、2サイクルエンジンの原付バイクを売却することが想定される場合は、エンジンオイルなど、メンテナンスにも気を配る必要があります。

 

特に、2サイクルエンジンの潤滑オイルの選択はエンジンの寿命も変わってくるので大切な項目です。

 

2サイクルエンジンの構造は、シリンダーの内部に燃料と一緒に潤滑オイルが供給されるシステムとなっているため、性能の良い潤滑オイルを使えば、ピストンとシリンダーの摩擦係数を少なくすることができるからです。

 

スーパーで安売りしているような安い潤滑オイルではなく、ちょっと高めになるのですが100%化学合成油の良いオイルを使用するようにしましょう。

 

たとえば、「WAKOS ワコーズ :2CT ツーシーティー」「MOTOREX モトレックス :CROSS POWER 2T 2サイクルオイル M/F3 」「elf エルフ :MOTO 2 TECH モーターサイクル用2サイクルエンジンオイル」などの100%化学合成油を選択することにしましょう。

 

2サイクルよりも4サイクルエンジンを選ぶことで高価買取になる

 

通常、2サイクルエンジンと4サイクルエンジンを比較した場合、買取価格の査定が高くなるのは4サイクルエンジンです。

 

もし、将来的には原付バイクを売却する可能性があるならば、新車で購入するときは4サイクルエンジンの原付バイクを購入することにしましょう。

 

 

 

2サイクル、4サイクル原付バイクの査定を高くするのは、まずはNG行動1の「相場を調べる」から始めることにしましょう。