NG行動4:丁寧な説明文を書かない

NG行動4:丁寧な説明文を書かない

 

あーっ暑い!格安!サーキュレーター 首振り扇風機

今すぐ確認!

 

 

 

Amazon激安商品夏用を

今すぐ確認!

 

 

Amazonプライム会員限定セール!を

今すぐ確認!

Amazonアソシエイト

NG行動4:丁寧な説明文を書かない

 

 

丁寧な文章を書くことは面倒なことなのですが、間違いなくそのメリットはありますので実行していきましょう

 

原付バイクを高く売るために「丁寧な説明文を書くこと」は大切です。

 

万が一、説明文が丁寧でないと、大切な部分を見過ごすことで査定額が下がってしまうことがあるからです。

 

下記では、丁寧な説明文を書くことのメリットをまとめてみました。

 

丁寧な説明文を書くことのメリットとは

  • バイクの状態をより正確に伝えることができる
  • 乗り手の使い方の印象が良くなる
  • 見過ごすことがなくなり査定額をアップさせることができる

 

丁寧な説明文の書き方は以下のとおりです。

 

文章で丁寧な説明文では、けして上手な説明文を書く必要はありません、買う側の査定員が分かりやすく、伝わる文章であれば大丈夫だからです。

 

実際の丁寧な説明文の書き方

  • バイクの状態を正確に記載する
  • 年式や走行距離など小さい傷、定期点検、事故などの情報も記載する
  • カスタムや改造をしている場合はその内容を記載する

実際の丁寧な説明文の書き方、詳しくはこちら

 

バイクの状態を正確に記載する

バイクの状態を正確に記載することは、バイク買取業者がそのバイクの価値を正しく査定することができるようにするためです。

 

もし、査定員がバイクの状態を確認できないと判断した「?」の部位の査定では、通常の査定よりも減額が大きくなることが多いからです。

 

年式や走行距離など小さい傷、定期点検歴、事故歴などを記載する

  • 年式や走行距離を記載する
  • 小さい傷、定期点検歴、事故歴などを記載する
  • カスタムや改造の情報も記載する

 

具体的なバイクの状態の記載例

  • 外装:目立った傷や汚れはありません。
  • フレーム:サビや変形はありません。
  • エンジン:オイル漏れや異音はありません。
  • 電装系:ライトやブレーキなど正常に動作します。

 

具体的なカスタムや改造の状態の記載例

  • カスタム:マフラー、シート、ハンドルバーを交換しています
  • 改造:リアサスペンションを〇〇製に交換しています

 

カスタムや改造を施している場合は、その内容を記載することで、バイクの価値をアップさせることができることもあるため、忘れずに書いておきましょう。

 

乗り手の使い方の印象が良くなる

「乗り手の使い方の印象が良くなる」では、バイクの乗り手が良い印象となるような使い方を中心にした文章を書いていきましょう。

 

例えば、「私はバイクで旅行に行くことが好きですので、バイクの走行距離のほとんどは旅行に行ったときに加算したものです。郊外の走行ではなるべく一定の速度を保つような走り方をしていたため、エンジンには過剰な負荷がかかっていませんのでとても快調です」と、このような感じでしょうか。

 

いわば、自分の原付バイクを違う角度からアピールするな内容ができればOKです。

 

見過ごすことがなくなり査定額をアップさせることができる

査定員は、限られた時間内に査定のチェックをしなければならないことから、「?」の付くような部位があったのならば、買う側のリスクを抑えるために、余分な減額査定で計算をすることもあります。

 

ですが、もし「?」の部位の詳しい説明書きがあるならば、査定員は、それが納得できる内容なのかを確認するけで査定をすることができますので、その査定は適正査定となることから、説明文が無いときと比べて高い査定金額になるというわけです。

 

できるだけ、査定員が「?」とならないように説明文を書くことが大切です。

 

また、しっかりと説明文に書いておくことで、査定員は見過ごすことがなくなり、その分、高い査定がでることになります。

 

これらの点を押さえて、丁寧な説明文を書くことで、査定額をアップさせることができます。

 

また、どのように書けば相手の査定員にバイクの状況が伝わるのかを考えながら書いてみましょう。

 

ここでは、実際の丁寧な説明文の書き方もまとめてみましたので参考にしましょう。