NG行動3:良い写真を撮らない

NG行動3:良い写真を撮らない

Amazonセールで今売れている人気商品をチェック!今すぐ確認!

Alexa(アレクサ)はあなたの生活を便利にする音声アシスタント。
すぐに使える10個の役立つ使い方をご紹介します。
今すぐ確認!

NG行動3:良い写真を撮らない

 

原付バイクを高く売るためには、良い写真を撮ることも大切です。

 

なぜならば、写真が悪いと査定額が下がってしまうということもあるからです。

 

このカテゴリーでは、良い写真を撮らないNG行動なる、その対策について解説します。

 

原付バイクの写真を撮ることで以下のようなメリットがあります。

 

原付バイクの写真を撮るメリットとは

  • バイクの状態をより正確に伝えることができる
  • 買取業者の印象が良くなる
  • 査定額をアップさせることができる

 

また、良い写真を撮る方法は以下のとおりです。

 

良い写真を撮る方法とは

  • 明るい場所で撮影する
  • 全体が写るように撮影する
  • 遠近感を意識して撮影する
  • 明るい場所で撮影する

 

明るい場所で撮影する

暗い場所で撮影すると、バイクの状態がわかりにくくなってしまいます。

 

このように、バイクの写真を暗い場所で撮ると、できた写真も見にくくなりますのでNGとなります。

 

その理由から、、バイク買取業者にバイクの状態を正確に伝えることができず、査定も下がってしまうという悪循環になるからです。

 

全体が写るように撮影する

バイクの全体が写るように撮影することで、バイクの状態を正確に伝えることができます。

 

遠近感を意識して撮影する

バイク全体を写すだけでなく、細部も写るように撮影することで、バイクの魅力をアピールすることができます。

 

具体的な撮影方法

明るい場所で撮影するには、日中や電灯の下で撮影するのがおススメです。また、自然光が入る場所で撮影すると、より明るい写真になります。

 

バイクの周囲に余白をとることで、バイクの状態をよりわかりやすく伝えることができます。

 

また、遠近感を意識して撮影するには、バイクを近づけて撮影したり、遠くから撮影したりして、バイクの全体と細部をバランスよく写しましょう。

 

バイクの状態をより良く見せるために以下の点にも注意しましょう。

 

バイクの状態をより良く見せるとは

  • 汚れや傷を落とす
  • 磨きをかける
  • パーツの劣化や不具合を修理する

 

次は、良い写真を撮るための詳しくをまとめましたので参考にしてください。