NG行動4:丁寧な説明文を書かない対策とは

NG行動4:丁寧な説明文を書かない対策とは

新生活SALE!3/1(金)〜3/5(火)今すぐ確認!
新生活セール!今すぐ確認!

NG行動4:丁寧な説明文を書かない対策とは

 

 

 

なぜ原付バイクを売却するのに丁寧な説明文をかかなければならないの?

 

原付バイクを高く売るためには、丁寧な説明文を書くことが大切ということです。

 

その理由は、丁寧な説明文を書くことで、バイク買取業者が車体の状態を正しく評価してくれるので査定がアップしやすくなり、査定作業もカンタンになることから売却までの時間が短くなるというメリットがあるからです。

 

NG行動4:丁寧な説明文を書かないデメリットとは

 

買う側としては、丁寧な説明文がないならば、バイクの状態がなにも分からないため、査定では見落としや大事な部分を忘れることもあります。

 

ですが、丁寧な説明文で詳細事項が書いてあれば、見落としや大事な部分を忘れるミスを防ぐことができ、短時間で原付バイクの査定が終わらすことができますので、高い査定金額になる可能性もアップすることもあります。

 

また、バイク買取業者の車体のチェックで一番マズいことは「?」と思わせる内容です。

 

査定する人は、バイクのチェックを時間内にしていくのですが、「?」に関しては買う側にリスクが生じることもあるため余分に減額をしておくという査定の仕方をすることもあるからです。

 

余分に減額をしておくという査定の仕方とは、減額数字が「−2」であるならば、この「?」の部分に関しては「−4」になることもあるわけです。

 

もしこのときに、「?」に関して丁寧な説明文があったとしたらどうでしょうか。

 

査定員は、この丁寧な説明文をもとにしてチェック作業をしていけばよいことになり、「?」の部分の査定に関しても適正な査定をすることができるかもしれません。

 

つまり「−4」になるところが「−2」で済むことになり、最初の時よりも高い査定になるわけです。

 

ですので、査定員が「?」を感じることの無いように、「丁寧な説明文を書かかない」ことはデメリットになることがあるということです。

 

丁寧な説明文を書くメリットは以下のとおりです。

 

丁寧な説明文を書くメリットとは

 

 

丁寧な説明文を書くメリットとは?

 

丁寧な説明文を書くメリットとは

  • 買取業者が車体の状態を正しく評価できる
  • 買取価格が上がる可能性がある
  • 売却までの時間が短くなる可能性がある

 

買取業者が車体の状態を正しく評価できる

バイク買取業者が車体の状態を正しく評価できない「?」に関しての査定では、買う側にリスクが生じることもあるため余分な減額査定をする場合があります。

 

丁寧な説明文を書くことにより、このデメリットが解消できることから、より適性な査定評価となるメリットがあります。

 

買取価格が上がる可能性がある

丁寧な説明文を書くことで、バイク買取業者は車体の査定を適切に確認することができるため、買取価格が上がる可能性が高まります。

 

特に、バイクでアピールしたい部分、改造パーツの加点を忘れずに査定することができるというメリットがあります。

 

売却までの時間が短くなる可能性がある

原付バイクの丁寧な説明文を書くことで、買取業者が車体の状態を正しく評価するための時間が短くて済むメリットがあります。

 

丁寧な説明文の書き方とは

 

 

丁寧な説明文を書く書き方があるならば早く教えてほしい!

 

丁寧な説明文を書く書き方があります。

 

丁寧な説明文の書き方とは、けして上手な文章を書く必要はなく、うまくなくても相手にバイクの状態がわかることが大事となります。

 

ですので、バイクの状態を説明できる文章」、「バイクの特徴をアピールできること」等に注意して書いていくようにしましょう。

 

丁寧な説明文の書き方とは

  • 車体の状態が詳しく分かりやすい文章
  • 車体の特徴、アピールする部分が分かりやすい文章
  • 相手の質問に答えられるような文章

 

車体の状態が詳しく分かりやすい文章とは

車体の状態
車体の状態を、外観・エンジン・走行距離・装備、などの項目ごとに詳しく説明する文章を書きましょう。

 

例えば、外観の場合では「フレームに目立たない程度小さな傷がいくつかあります」という感じです。

 

その文章の後に、具体的なキズのある場所を書いておくと良いでしょう。

 

下記では、部位ごとの説明文の書き方をまとめてみました。

 

  • 外観:フレームに目立たない程度小さな傷がいくつかあります。補修はしてありません
  • エンジン:セルは問題もなく始動しスムーズに動きますが、急にアクセルを開けたときに少しもたつくので調整が必要と思われます。また定期的にエンジンを始動するようにしていましたので銚子はいいようです
  • 走行距離:おおよそ3,000kmです
  • 装備:〇〇が装備されています。他にも、マフラーを〇〇キロの時に交換して乗っています
  • 定期点検は〇か月ごとに実施し、前回では、オイル交換、テールライト交換をしました

 

同時に、タイヤ、ブレーキを交換したならば、消耗具合も含めて書いておくとよいかもしれません。

 

いかがでしょうか。このようにバイクの状態を相手がわかる、ということが大事になります。

 

車体の特徴、アピールする部分が分かりやすい文章

車体の特徴、アピールする部分とは

  • マフラーを交換し、同時に〇〇も交換してあります
  • バイクの保管は屋根付きでしたので雨の影響は少ないと思います
  • 都内を多く走行していたというより、走行距離は長距離での割合が多く、急発進も控えめに走っていました

 

査定員は査定時間が無いことから、改造パーツの査定を忘れたり、屋根付き保管というプラスを忘れたりすることがあるからです。

 

このような時のために、査定のアップに関係することは、こちら側から積極的に文章で書くようにしましょう。

 

バイク買取業者が興味を持つポイントをアピールすることで、査定がアップすることはあっても下がることはほとんどないからです。

 

相手の質問に答えられるような文章

質問に答えられるようにするメリットとは

  • 購入時期:2023年1月です
  • メンテナンス歴:〇か月ごとに定期的にオイル交換や点検を行っています
  • 事故歴:ありません

 

この質問も査定には影響がある項目ばかりです。

 

特に、購入の時期の項目では月まで書いておきましょう。

 

なぜならば、1か月違うだけで新型と旧型に分かれることがあるからです。

 

もし、このようなときに、新型なのに何も書いていなかったら、査定員は旧型の査定を書くことがあるからです。

 

また、メンテナンス歴や事故歴を書くことも大事です。

 

「〇か月ごとに定期的にオイル交換や点検を行っている」とか、「事故歴は無い」という情報は、自分のバイクの大きなアピールとなることから高い査定が期待できるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

 

丁寧な説明文を書く際の注意点をもう一度チェックしてから書き始めよう!

 

丁寧な説明文を書く際の注意点

丁寧な説明文を書く際の注意点

  • 誤字脱字がないようにする
  • わかりやすい言葉で書く
  • 簡潔に書くことで伝わりやすくする

 

誤字脱字が多いとバイク買取業者に不信感を与えてしまいますし、わかりやすい言葉で書くことでバイク買取業者が理解しやすくなりますし、簡潔に書くことでバイク買取業者は伝わりやすくなりますので、この辺んに注意して書いてみましょう。

 

ただし、なるべく余計なことは書かかないようにしましょう。

 

バイク業者のアピールを目的に書いているわけですので、明らかに自分がデメリットになるようなことは余分に書く必要はないからです。

 

もし、デメリットになるようなことがあれば、少なく書いておけば相手の査定員にはそれで充分に言いたいことが伝わるからです。