NG行動3:良い写真を撮らない対策とは

NG行動3:良い写真を撮らない対策とは

Amazonセールで今売れている人気商品をチェック!今すぐ確認!

Alexa(アレクサ)はあなたの生活を便利にする音声アシスタント。
すぐに使える10個の役立つ使い方をご紹介します。
今すぐ確認!

NG行動3:良い写真を撮らない対策とは

 

 

元店長シバの写真の例とは

 

 

下記は、元店長シバが工夫して撮影をした写真たちです。構図、アングル、背景をボカすなどを工夫をして撮ってありますのでご自分が写真を撮るときの参考にしてください

 

突然ですが、元店長シバの撮ったバイクの写真たちです。構図、アングル、背景をボカすなどを工夫して撮ったものですので参考にしてください。

 

元店長シバの撮影した写真たち


背景を考えて写真を撮ることが大切です。

 


特徴のある部分をアップしてもアピールすることができます。

 


気になる部分はアピールするためにアップです。

 

小さい物の写真


特徴のある部分をアップしてみました。

 


横に長い物は構図を斜めにして収めるようにすると綺麗になります。

 


構図を斜めにして収めてみました。

 

良い写真を撮らない対策とは

 

 

相手に分かりやすく、アピールすることができる写真を撮ることにしましょう

 

原付バイクの買取価格は、写真の良し悪しにも左右します。つまり、良い写真を撮らないと査定額が下がってしまうというマイナスがあるからです。

 

このページでは、良い写真を撮らないNG行動になるという対策について解説します。

 

良い写真を撮らないNG行動とは

 

なぜこのようなNG行動が良くないのかは、原付バイクの査定が下がることになるためです。

 

もし、無意識に良い写真を撮らないNG行動をしていたならば、とても勿体ないことですので、なるべく早く修正をすることにしましょう。

 

良い写真を撮らないNG行動とは

  • 暗い場所で撮影をしている
  • 汚れたままバイクの撮影をしている
  • バイクの全体が写っていない
  • バイクの細部が写っていない
  • バイクの状態がよくわからない

 

悪い写真を撮るということは、どんなに努力して写真を撮ったにもかかわらず、相手にその写真の内容が充分に伝わらないということは、査定にも反映することが無いということになります。

 

例えば、暗い場所で撮影すればバイクの状態がよくわかりませし、汚れたバイクを撮影するならば汚れていると言うことでバイクの査定が下がります。

 

さらに、バイクの全体が写っていなかったり、バイクのサイズや形がわからなかったりすれば、相手に原付バイクの状況がわからないことから査定は下がります。

 

そして、バイクの細部が写っていなかったりすれば、自分のバイクの良い部分を性格にアピールすることができませんので、査定額がアップすることがないわけです。

 

下記では、相手にわかりやすい、良い写真?の撮り方を説明してみました。

 

良い写真を撮るための対策

 

上記では、良い写真を撮らないNG行動ということで悪い例をまとめてみたのですが、ここではその反対の良い写真の撮り方をまとめてみました。

 

良い写真を撮るための対策とは

  • 明るい場所で分かりやすく撮影をする
  • 洗車してバイクを綺麗にしてから撮影をする
  • バイクの全体を入れるように撮影をする
  • バイクの細部で気になる部分を撮影する
  • バイクの状態がよくわかるように撮影をする

 

先ほどと逆になるのですが、悪い写真を撮るということは、明るい場所で撮影する、バイクの状態をよくわかるようなアングルから撮る、洗車してバイクをきれいにしてから撮る、ということになります。

 

また、バイクの全体を写すことで、バイクのサイズや形がよくわかるようになり、バイクの細部を撮ることでバイクのアピールしたい部分を撮ることができるというわけです。

 

良い写真を撮るメリットとは

 

 

確かに、良い写真を撮るのは手間がかかって大変なんだけど、原付バイクを高く売りたいのであれば良い写真を撮ることに対してはメリットがあるからだよ

 

良い写真を撮るメリットとは
  • 買取業者が車体の状態を正しく評価しやすくなる
  • 買取価格が上がる可能性が高まる
  • 売却までの時間が短くなる可能性がある
  • 買取業者が車体の状態を正しく評価しやすくなる

 

例えば、写真が悪いとインターネットでの販売や買取業者が車体の状態を正しく評価できず買取価格が下がってしまうことがあります。

 

でも、良い写真を撮ることで、買取業者が車体の状態を正しく評価しやすくなり、買取価格が上がる可能性がアップしたり、査定がスムーズに進むことで売却までの時間が短くなったりするメリットがあるようです。

 

特に、インターネットで売却する場合は、良い写真を撮って掲載することは必須となり、どうすれば相手にわかりやすい、査定がアップする写真を撮ることができるのかを知っておきましょう。

 

ですが、カンタンに「良い写真と撮る」と言ってみたところで、どうすれば良い写真が撮れるのか、その撮り方を知らなければ困りものです。

 

ですので、ここでは「どうすれば良い写真を撮ることがきるのか」に時間を割いて説明をしてみました。

 

なぜ上記で「良い写真?」としたのかは、ここで撮る写真はアートの写真を撮るのではなく、相手にバイクの状況がよくわかってもらえる写真、ということだからです。

 

それはどのような意味かといいますと、ここで撮る写真は、「誰が見ても原付バイクの状況がよくわかる」という意味です。

 

下記では、誰か見ても分かりやすい写真の撮り方をまとめてみました。

 

分かりやすい写真を撮る方法とは

  • 明るい場所で撮影する
  • 複数の角度から撮影する
  • 傷や汚れを隠さないで撮影する
  • バイクの特徴を強調する撮影をする

 

明るい場所で撮影する

まずは明るい場所で撮影をすることが大切です。

 

暗い場所で撮影すると、出来上がりの写真も暗くなることから、分かりにくい写真になることがあるからです。

 

相手が分かるように、なるべく明るい場所で写真を撮ることは最初の第一歩です。
相手が原付バイクをぼやけて見えたり、バイクの特徴がわかりにくくなったりします。

 

また、写真を撮るときはシッカリとピントが合っていることが必須となりますので、もし不安があるのならば余分に撮るようにしましょう。

 

複数の角度から撮影する

 

 

複数の角度から撮影して大事な部分をアピールするように撮る!これ査定アップには大切だよ

 

明るい場所で写真を撮るのですが、バイクが状態が分かりやすいように複数の角度から撮りましょう。

 

「バイクの全体像」、「フロント」、「サイド」、「リア」など、基本の角度から撮影をしたら、あとは自分が気になる角度から複数撮影することで、バイクの魅力をアピールする写真を撮ることができます。

 

また、写真を撮る角度の原付バイクは、念を入れてクリーニングをしておくことが大切です。

 

傷や汚れを隠さない

傷や汚れを隠そうとして撮影をすると、あとで、バイク買取業者にバイクの状態を正しく判断してもらえなかったり、インターネットならばトラブルになることもあります。

 

できるだけ、気になる部位の撮影は、わかるように撮影をしておきましょう。

 

バイクの特徴を強調する

バイクの特長がわかる写真を撮る、という意味です。

 

もちろん、特徴の中には、改造パーツの写真も含まれますので、ご自分が納得いくようなアピールできる写真を撮ってみましょう。

 

まとめ

 

良い写真を撮るときには、ちょっとした工夫をすることにしましょう。

 

高い機材で写真を撮るならばクオリティの高い写真が撮れるのですが、手元にあるスマートフォンでもちょっとした工夫をすることで良い写真が撮れるからです。

 

 

良い写真の撮り方は、撮影の工夫の仕方が大きく影響します!

 

良い写真の撮り方の工夫とは

  • スマートフォンの性能を最大限に活用する
  • 構図やアングルを工夫する
  • 写真の背景を工夫する
  • 写真の明るさや色味を調整する

 

スマートフォンの性能を最大限に活用する

スマートフォンを上手に使いこなすことで高いクオリティの写真をとりましょう。

 

最近のスマートフォンですと、ピントが合うための工夫がされていたり、望遠もカンタンにできることから一眼レフカメラのように背景をぼかした撮影方法もできます。

 

このようにしてスマートフォンの性能を最大限に活用することで、写真のクオリティをアップさせましょう。

 

構図やアングルを工夫する

アングルや構図を工夫することでアピール度が高い写真を撮る工夫をしましょう。

 

アピール度が高い写真とは綺麗な写真と違い、どれだけ多くの人にアピールできる写真なのか、と言うことです。

 

例えば、 目線から撮る「アイレベル」、腰の位置で撮る「ウエストレベル」、上部から見下ろす「ハイアングル」、下から見上げる「ローアングル」などをバイクの構図も考えながら試してみましょう。

 

写真の背景を工夫する

写真を撮る時は、被写体の背景の状況も必ずチェックすることにしましょう。

 

被写体の背景によって写真を見たときの印象が違ってくるからです。

 

例えば、小さい物を撮るならば下地が綺麗な場所を選んだり、大きな物を撮るならば背景まで注意しましょう。

 

写真を撮るときは、被写体に集中していますので、背景を考えることは難しいかもしれませんが、背景を考えることもちょっとした工夫だからです。

 

写真の明るさや色味を調整する

最近では、手軽に写真ソフトを使うことがカンタンにできるようになっていますので、写真の明るさや色味を調整するなどの修正に活用することで、自分のオリジナルに拘りましょう。

 

また、スマートフォンの性能を最大限に活用することで、より高品質な写真を撮ることができます。

 

構図やアングルを工夫することで、バイクの魅力をより引き出すことができたり、写真の明るさや色味を調整することで、より印象的な写真を撮ることができます。

 

写真の枚数も重要です。複数の写真を撮ることで、バイクの魅力をさまざまな角度から撮影することができるからです。

 

ですが、すべては原付バイクで高い査定のための写真ですので、査定をする側がわかりやすい写真を撮ることが一番の目的となります。