【原付バイク買取で損をしない!】絶対に押さえるべきポイント

【原付バイク買取で損をしない!】絶対に押さえるべきポイント

Amazonセールで今売れている人気商品をチェック!今すぐ確認!

Alexa(アレクサ)はあなたの生活を便利にする音声アシスタント。
すぐに使える10個の役立つ使い方をご紹介します。
今すぐ確認!

【原付バイク買取で損をしない!】原付バイクの買取で失敗しないためのポイント

 

 

原付バイクの買取で失敗しないためのポイントとは?

 

原付バイクを高く売却するために絶対に抑えておきたいポイントを紹介していきます。

 

特に、元店長シバが気になるポイントとは、「原付バイクを売却する時期を狙う」ということです。

 

最近では、多くの人が利用する「直接取引はNG行動?」、「業者の出張買取はNG行動?!」にも注意をすることが大切です。

 

特に、直接取引と業者の出張買取はケースバイケースで判断することが大切です。

 

最近では、インターネットやアプリを利用した直接取引や、業者の出張買取を利用する人も増えていることがあるようですが、これらの方法は、手軽に売却できることがメリットになるのですが、その反面、バイク買取業者によっては出張買取の手数料がかかるトラブルがあったり、、リスクもあるようですので注意が必要です。

 

他にも、原付バイクのメーカー、エンジン形式、タイプ、によって査定金額が大きく異なることもありますので注意をしておきましょう。

 

その対策としては、「バイク買取業者の強みや弱みを理解する」ことが大切です。

 

バイク買取業者が何を主力としているのかを判断して、そのバイクを買取に持ち込むことができれば高い査定になることが多いからです。

 

なぜならば、原付バイクの買取価格は、バイク買取業者によっても異なることと、バイク買取業者によって、得意なジャンルや買取強化車種などが異なるためです。

 

そのため、複数の業者に査定を依頼して比較検討することが大切です。

 

また、査定を依頼する際には、バイク買取業者の強みや弱みを事前に理解しておくと、よりよい査定額を獲得できる可能性が高まるからです。

 

例えば、バイク買取業者によっては、ロードバイクの買取が主力、大排気量のバイクの買取が主力といったお店もあるのですが、このようなバイク買取業者に原付バイクを持ち込むと、安い査定になることもあるからです。

メーカーの違いで査定金額は大きく異なる

 

メーカーの違いで査定金額は大きく異なるとは?

 

原付バイク買取ではメーカーの違いで査定金額が大きく異なることがあります。

 

原付バイクを高く売却するときは、メーカーの違いで査定が違うことを把握しておくことが大切です。

 

なぜならば、メーカーによって、人気や需要が異なるため、それに対する査定金額が異なるからです。

 

ですが、人気メーカーの原付バイクの査定額は高め、と言ったメリットもあります。

 

原付バイクの人気メーカーでは、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4社が挙げられ、これらのメーカーのバイクは、品質や性能が良く、故障が少ないため、人気が高く、査定額も高めのけいこうになるようです。

 

例えば、ひとつの例としてホンダの「スーパーカブ」という原付バイクがあります。

 

この原付バイクは、国内問わず、世界中で愛されているロングセラーモデルですが、この原付バイクの中古車市場での人気も高く、査定額も高値で取引されているようです。

 

その反面として、品質や性能が悪いわけではないのですが、知名度や知名度が低いため、安い買取査定になるバイクもあります。

 

例えば、中華メーカーのバイクです。

 

最近では、販売価格が安いことから人気が高まっていますが、その査定額は低めになるようです。

 

このように、原付バイクのメーカーの違いによって、査定金額が大きく異なることを理解しておけば、査定額を高くするために有利になることもあります。

 

例えば、中華バイクは通常のバイク買取業者ではなく、中華バイクを専門に扱うようなバイク店に持ちこむことで査定を上げることができるからです。

 

また、複数の業者の査定を比較することで、より高額な査定額を提示してくれる業者を見つけることも良い方法です。

エンジン形式の違い

 

エンジン形式の違いとは?

 

原付バイクを高く売却するためには、エンジン形式の違いを把握しておきましょう。

 

エンジン形式によって、性能や燃費が異なるため査定金額が大きく異なるからです。

 

4ストロークエンジンの査定額は高め
原付バイクのエンジン形式としては、4ストロークエンジンと2ストロークエンジンの2種類があります。

 

4ストロークエンジンは、燃費が良く、排ガスが少ないため、環境性能に優れていて、エンジン音が静かで振動が少ないという特徴もあります。

 

そのため、4ストロークエンジンの原付バイクは査定額が高めになることが多いようです。

 

例えば、ホンダの人気車種「スーパーカブ」も4ストロークエンジンを搭載していますので、エンジン音は静かで燃費も良いからです。

 

2ストロークエンジンの査定額は低め
2ストロークエンジンのバイクの査定は低めです。

 

なぜならば、燃費が悪く、排ガスが多めで、エンジン音がうるさく、振動が多いという特徴があるからです。

 

そのため、2ストロークエンジンのバイクは査定額が低めになる傾向にあるようです。

 

査定額を高くするためには
エンジン形式の違いによって査定金額が大きく異なることを理解しておくとが大切になります。

 

なぜならば、もし新車購入時に査定が安くなることを知っているならば2ストロークエンジンのバイクの購入を避ければよいからです。

 

下記では、エンジン形式の違いにより査定金額が異なる理由です。

 

燃費の違い
4ストロークエンジンは、2ストロークエンジンに比べて、燃費が良く、経済的になることで、燃費を重視する買い手に人気があることで査定が高くなります。

 

排ガスの違い
4ストロークエンジンは、2ストロークエンジンに比べて、排ガスが少なく、環境性能に優れているため、環境性能を重視する買い手に人気があることで査定が高くなります。

 

エンジン音の違い
4ストロークエンジンは、2ストロークエンジンに比べて、エンジン音が静かのため、です。そのため、静粛性を重視する買い手に人気があることで査定が高くなります。

 

振動の違い
4ストロークエンジンは、2ストロークエンジンに比べて、振動が少ないため、乗り心地を重視する買い手に人気があることで査定が高くなります。

バイクタイプによる違い

 

バイクタイプによる違いとは?

 

原付バイクを高く売却するためには、バイクのタイプによる違いを把握しておくことも大切です。

 

タイプによって、人気や需要が異なるため査定金額にもその違いがでてくるからです。

 

スクーターの査定額は高め
原付バイクのタイプとしては、スクーター、原付一種、原付二種の3種類があります。

 

スクーターは、シート下に収納スペースがあったり、燃費が良く、乗り心地が良いという特徴があることで、スクーターの査定額はやや高めです。

 

原付一種の査定額は中ぐらい
原付一種は、排気量が50cc未満のバイクのことで、スクーターに比べると、収納スペースがないことで利便性は劣りますが燃費や乗り心地に関してはそれほど悪くはありません。

 

そのため、原付一種の査定額はスクーターと比べるとやや低くなる傾向のようです。

 

原付二種の査定額は低め
原付二種は、排気量が50cc以上のバイクのことです。

 

特にスクーターや原付一種に比べてパワーや走行性能が優れていることが特徴です。

 

その反面、燃費や乗り心地はやや劣り、車体価格も高めとなることから原付二種の査定額は低めです。

 

そのため、原付二種バイクを売却するときは、事前の売却計画が必要のようです。

 

例えば、元店長シバですが、原付二種バイクを高い査定で売却するために、2年経ったら自動的に売却する方法を試してみました。

 

売却では長期で乗るか、短期で乗るかでその結果が全然違ってくるからです。

 

2年経ったら自動的に売却する方法の基準ではタイヤやブレーキの交換をする前と言うことですタ。
これですと、走行距離、年式が新しいことから、必要となる消耗部品での費用が少なく、メンテナンスにかかる費用も抑えることができるからです。

 

今でもどちらを選択したらよかったのか、ハッキリと判断することはできませんでしたが、少なくとも消耗によるトラブルはほとんどなく、査定でも高い金額になることで、全ての結果は良しでした。

 

下記では、タイプの違いにより査定金額が異なる理由を考えてみました。

 

利便性による査定の違い
スクーターは、シート下に収納スペースがあるため、利便性が高いことが特徴です。

 

そもそもタイプはスクーターということですので、利便性が高いことを重視する買い手に人気あることからやや高めの査定額になるようです。

 

つまり原付バイクでは、利便性を考える人が多いということのようですので、人気が高く、求める人が多ければその分査定が上がるようです。

 

燃費による査定の違い
原付一種は、原付二種に比べて、燃費が良いことが特徴です。

 

そのため、燃費を重視する買い手が多いため査定額が高めになるようです。

 

この手の原付バイクでは、ビジネス使いという感じでしょうか。

 

乗り心地による査定の違い
スクーターは、原付一種に比べて、乗り心地が良いことが特徴です。そのため、乗り心地を重視する買い手が多いため査定額が高めになります。

 

パワーによる査定の違い
原付二種は、スクーターや原付一種に比べて、パワーが良いことが特徴のため、パワーを重視した買い手が多いため査定額が高めになります。

 

いわば、趣味性が高いというますよりも、バイクに乗ることが好きな人からの人気が高いのがこの手のタイプのようです。

まとめ

ここのカテゴリーのページでは、【原付バイク買取で損をしない!】絶対に押さえるべきポイントを意識すること大切だということです。

 

元店長シバが気が付いた原付バイクの売却で押さえるポイントを紹介していきます。

 

このような情報を学びながら、今所有している愛車のメンテナンスをすることで、査定額までアップすることになるのではないでしょうか。

 

そして大切なことは、上記にもあるよに「やってはいけないNG行動」の対策をすることにしましょう。