部品取り、スクラップリについて

バイク廃車 処分

 

廃車(処分)の基本的な考え方ですが、部品取りができるバイクと、スクラップになるしかないバイクの二通りがあります

 

部品取りができるバイクでしたら買取り金額がつく場合もあるのですが、スクラップですと逆にお金を支払って処分してもらうようになります。

 

ですので、自分のバイクがどちらに該当するかを事前に考えておくことが大切です。

 

バイク 部品取り

 

部品取りが出来るバイクは、人気車であれば純正パーツの部品取りが出来る場合と改造パーツが取れる場合があります。

 

この場合は、純正パーツもお金になりますし、改造パーツもお金になりますので、複数のバイク買取業者で見積もりを試してみることが有効と思います。

 

ですがまったく部品取りもできないような壊れ方ですと逆に処分費用が請求される場合があります。
(2011年10月よりメーカー、事業者が中心で産廃時無料引取りがスタートしました。)

 

バイク スクラップリサイクル

 

部品取りができないようなバイクでしたら基本スクラップ扱いとなります。

 

この場合ですが、バイク買取業者へ持ち込むと処分手数料を請求されます。

 

多少手間がかかるのですが、スクラップ屋へ持ち込めば手数料がかからない場合もあります。

 

たとえば、バイクのスクラップですと部位によりますが、ガソリン、エンジン部分1グラム当たりいくらとか、アルミ部分1グラム当たりいくら、またフレームの鉄部分1グラム当たりいくらのように部分によってそれなりにお金になります。

 

ですが、バイクをそのまま持って行くわけではなく、スクラップではそれぞれの部分での分別が必要となります。

 

もし分別をしないで持ち込むのでしたら、やはり分別する手間代金が発生したりするのですが、うまくすると無料で買取をしてくれるスクラップ屋もあるようです。
以前僕が乗っていた原付バイクですがエンジンが大破でしたので買取とはならずほぼ全損扱いの廃車となりました。
基本的には手数料を払うことになるったのですが、交渉の結果、改造パーツには値段がつき、処分代金をはらわないで戻り金額もありました。

 

このようにして、バイクの状態では全損でもお金になることもありますので簡単に諦めないでください。

 

管理人の一言アドバイス

 

僕の改造バイクは、スペシャルハーハンドル、改造マフラー、レーシングタイヤ、そして駆動系の改造パーツでした。全損でしたが、この部分のパーツのすべてがお金になりました。ですので、処分をする前にバイク販売店でこうしょうをしてみることが大切です。

 

大切に乗ったバイク、今いくら?<<

 

廃車(処分)手続き、バイク保険の解約に続く<<

部品取り、スクラップリについて関連ページ

廃車(処分)について
バイクオタクが突っ込んでまとめた廃車(処分)になったときの手数料。これでもう損をすることはありません。
廃車手続き、バイク保険解約について
バイクオタクが突っ込んでまとめた廃車(処分)になったときの手数料。これでもう損をすることはありません。