原付を売る際の純正パーツ・改造パーツの処理はどうする?

原付売る

原付を自分仕様にカスタマイズしている人も結構多いのではないでしょうか?

 

その中には、改造用のパーツを搭載して純正パーツは外してしまっている人も多いはずです。

 

ところで改造する時に、純正パーツですが外してしまうのは構いませんが、きちんと保管しておくことをお勧めします。

 

改造用のパーツですが、もし人気のあるパーツであれば査定の時にプラスに評価してくれる可能性があります。

 

しかし必ずしも、あなたの思っているように改造パーツを評価してくれない可能性もあります。

 

自分は良かれと思って改造したパーツが実は全く人気がなかったと言うケースもあります。その場合、改造パーツが付いていることで逆にマイナス査定になってしまうこともあります。

 

しかし原付売る時の査定の時点で、純正パーツもあると言うことを査定員に知らせておけば、マイナスになりません。

 

純正パーツがあれば、それに付け替えれば良いわけですから改造パーツのマイナスポイントを払拭できます。
純正パーツですが、あるという事実を確認することができれば、別にバイクに付いている必要はありません。
外した純正パーツを査定員に見せれば相手も理解してくれます。

 

もし純正パーツを捨ててしまって、しかも取り付けた改造パーツが評価されなければ、査定額はマイナスになってしまいます。

 

ですから将来原付売ることを検討しているのであれば、カスタマイズをしても純正パーツはどこかに保管をしておくべきです。

 

今すぐ原付を売る金額を知る!