原付を売る際の純正パーツ・改造パーツの処理はどうする?

原付を売る際の純正パーツ・改造パーツの処理はどうする?

原付売る

原付を自分仕様にカスタマイズしている人も多いのではないでしょうか?

 

その中には、改造用のパーツを搭載して純正パーツは外してしまっている人も多いはずです。

 

ところで改造する時に、純正パーツですが外してしまうのは構いませんが、きちんと保管しておくことをお勧めします。

 

改造用のパーツですが、もし人気のあるパーツであれば査定の時にプラスに評価してくれる可能性があります。

 

しかし必ずしも、あなたの思っているように改造パーツを評価してくれない可能性もあります。

 

自分は良かれと思って改造したパーツが実は全く人気がなかったと言うケースもあるからです。

 

その場合、改造パーツが付いていることで逆にマイナス査定になってしまうこともあります。

 

しかし原付売る時の査定の時点で、純正パーツもあると言うことを査定員に知らせておけば、そのようなマイナスになりません。

 

純正パーツがあれば、それに付け替えれば良いわけですから改造パーツのマイナスポイントを払拭できます。

 

純正パーツですが、あるという事実を確認することができれば、別にバイクに付いている必要はないということです。

 

外した純正パーツを査定員に見せれば相手も理解してくれます。

 

もし純正パーツを捨ててしまったり、取り付けた改造パーツが評価されないということになれば査定額はマイナスになってしまいます。

 

ですから将来原付売ることを検討しているのであれば、カスタマイズをしても純正パーツはどこかに保管をしておくべきです。

 

管理人シバも同じような状況を経験したことがありました。

 

改造パーツを段ボールに入れて保管しておいたのですが、結構かさばるパーツばかりでした。

 

特に、マフラーは純正部品との違いで驚きました。

 

何に驚いたのかと言いますと、純正で付いていたマフラーと改造マフラーの重量の違いです。

 

ともかく純正マフラーは重いの一言です。

 

マフラーと言うパーツは、排気効率を上げるのが目的と理解していたのですが、バイク後部の重量軽減に伴う走行性の向上は改造マフラーによって格段に上がるのではないでしょうか。

 

もっと簡単に言うならば、一人乗りと二人乗りで峠に行った時の違いということです。

 

こんなことを感じながらの改造パーツの整理をすることで、また走る楽しさも格段にアップするというものです。

 

また、管理人シバは狭いマンションに住んでいましたので、改造パーツをいれてある段ボールをベランダに置いておきました。

 

確かにそれでも良いのですが、置く期間が長くなる場合は注意が必要です。

 

パーツの材質によっては錆がでてくることもあるからです。

 

特に、マフラーなどのように使用していたパーツは熱がくわえられていますので、錆にとっても弱いからです。

 

そのようなときは密閉ができるパックビニール袋に入れるようにしたり、錆を防ぐオイルなども効果的で良いと思います。

 

ちょっとの手間なのですが、これをしてあるのと無いのではバイクの買取査定に大きな違いが出ることもあるようです。

 

トップへ戻る