2サイクルエンジンのバイクと4サイクルエンジンのバイクの買取状況の違い

2ストロークエンジンのバイクと4ストロークエンジンのバイクの買取状況の違い その1

2ストロークと4ストロークエンジン買取状況の違い

原付を売る場合、現在は4ストロークエンジンの方が主流になっているので、4ストロークエンジンの方が買取価格は付きやすい傾向があります。また買取をしてくれやすい傾向もあります。

 

4ストロークエンジンの良い所は、使い勝手の良い所にあります。

 

2ストロークエンジンと比較して、燃費が良い車種が多いです。

 

このため、ガソリン代を節約することができます。

 

また4ストロークエンジンの方が、高い耐久性を持っている傾向があります。

 

ですから一度購入してしまうと、長期的に乗り続けることができます。

 

このため、別にバイクの車種などについてこだわりがない、走ってくれるのであれば良いという方の間でニーズが高まる傾向があります。

 

しかも今後はますます4ストロークエンジンの方が主流になってくる傾向が予想されています。

 

と言うのも、4ストロークエンジンの方が環境に対する配慮と言う所でより高い能力を持っているからです。

 

ですからバイクメーカーの中には、2ストロークエンジンの製造を中止する所も出てくるとみられています。

 

今後2ストロークエンジンの原付は希少価値が高まってくるかもしれません。

 

そうなると一部のマニアやバイク好きの人たちの間で、2ストロークエンジンへの需要が高まってくる可能性もあります。

 

もしかすると、価値が再び上昇してくる可能性も否定することはできません。

 

ですが、2ストロークエンジンの場合、もともとの価格が安いので高く買取をしてくれると言っても限度があります。

 

また2ストロークエンジン自体の耐久性は4ストロークエンジンより低いこともありますので、それなりのメンテナンスをしておかないと可動車として維持することすら難しいかもしれません。

 

トップへ戻る