2ストロークエンジンと4ストロークエンジンでは買取に違いがあるの

原付売る

 

私ごとなのですが、以前外国製(台湾、中国)の原付バイクに乗っていたことがあります。

 

この原付バイクのエンジン形式は2ストロークでした。

 

確かに、所有しているときはエンジンの優れた特性でとても楽しかったのですが、
ある程度乗って売ることになったときにあまりの買取価格の安さに愕然としました。

 

その理由は、2ストロークエンジンの点と、
外国製バイクが、その理由でした。

 

もちろん、新車で購入して乗りつぶすつもりでしたら問題はないのですが、
途中で売ることを考えるのでしたら購入する前に下取りがどのくらいになるかを検証しておくことが大切です。

 

 

 

バイクには大きく分けて2ストロークエンジンと4ストロークエンジンに分類することができるのですが、
バイクを売るときに一番注意しなければならないことはエンジンのストロークの種類によって売る方法を考えなければならないことです。

 

どうしてかと言いますと、2ストロークは振動、
エンジンの負担が4ストロークより大きいこともあることから査定がかなり安くなります。

 

ですから、2ストロークエンジンのバイクは中古として売るときにはそれなりのコツがあることも知っておきましょう。

 

ここでは2ストローク 4ストロークエンジンの特徴、
2ストローク 4ストロークを高く売るためのメンテナンスの仕方、
2ストローク 4ストロークバイクを高く売るためのコツをそれぞれに分けてまとめてみました。

 

また、最近の国産バイクのほとんどは4ストロークエンジンが主流となっていますので、
まず自分のバイクのエンジンストロークはどちらかをしっかり確認しておくことが大切です。

 

新車でバイクを購入するときには、
2ストロークエンジンと4ストロークエンジンとではどのくらい買取り金額に違いがあるのかを知っておきましょう。

 

管理人シバとしましては、2ストロークエンジンのバイクは環境とか言う前に、
どうして安い査定になるのかをなんとなく理解しています。

 

だって、2ストロークエンジンのバイクって、
エンジンスロットを開けた時の感触って最高ではないでしょうか。

 

ですが、最高の感触を得た分見返りがあるということです。

 

つまり、最高の感触を得た2ストロークエンジンのバイクは、
最高の感触と比例してエンジンのリスクが高まるからです。

 

今まで、管理人シバは多くの2ストロークエンジンのバイクを乗ってきましたが、
そのエンドは決まってエンジンのブローでした。

 

エンジンを回しすぎたというより、
管理人シバの意向に沿ってエンジンが回りすぎたという感じです。

 

2ストロークエンジンが回りすぎる状態で使っていれば、
その終わりもおのずと予想ができます。

 

ほとんどの、バイク買取業者ではこのような2ストロークエンジンのバイクに関しては、
2ストロークエンジンと言うだけで安い査定になるのはその理由かと思います。

 

前日、マジに見たのですが、
2ストロークエンジンのスズキGT750でした。

 

2ストロークエンジンのスズキGT750は、
初期型ですと水冷のラジエターが大きく、
そのあとのバージョンでは必要に応じてラジエター容量が小さくなっていると聞きました。

 

マフラーからは白い煙を吹きながら、
アイドリングをしていました。

 

実は、管理人シバの以前となりますが、
スズキGT750に乗っていたことがあります。

 

まさに初期型の2ストロークエンジンのスズキGT750です。

 

タンクは赤のメタリックで、
シートを白に張り替え、エアーフォンは3連が付いていました。

 

ほとんど、賊使用でしたが、
それであっても、正統派バイク乗りを自認していました。

 

これも、あれも2ストロークエンジンの物語です。

 

なぜか、昔が懐かしくなった管理人シバでした。

 

それにしても、あのころあれほどカッコいいと思っていたスズキGT750でしたが、
今見るとそれほどカッコよくありません。

 

まさにレトロ感満点です。

 

その理由は、自分のセンスの無さと、
いまの流行りのデザインとは大きな乖離が生じたからだと思いました。

 

もしかすると、管理人シバのセンスは時代に遅れた、
恐竜のごとく、化石時代のセンスかもしれません。

 

ちょっと、マジにやばいと感じました。

 

原付売る


バイク買取 無料査定

バイク買取 口コミ

原付売る

大切に乗ったバイク、今いくら?

 

2ストロークエンジンのバイクと4ストロークのバイクの一般的な違い

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンでは原付買取に違いがあるのか?記事一覧

 

バイクには大きく分けて2ストロークエンジンと4ストロークエンジンに分類することができます。2ストロークエンジンは、シリンダーの途中のところに穴が開いているのが特徴のエンジンのことを指します。上下にピストンする時に、吸気と排気ができるような構造になっています。吸気フィルターや排気側のチャンバーの形状を変えれば、エンジンを高速回転させることが可能になり、速度性能を向上することもできます。2ストロークエ...

 
 

2ストロークエンジンの原付売る場合には、エンジンを傷めないようにすることが重要です。2ストロークエンジンの原付に乗っている人を見てみると、結構エンジンが回転するのでエンジンを全開にして走行する人が多い傾向があります。その結果、どうしてもエンジンにかかる負担が大きくなってしまう傾向があります。そこで、原付売ることを想定しているのであれば、エンジンのメンテナンスをしっかりと行っておくべきです。査定のと...

 
 

原付を高く売るには、バイクのコンディションが重要なポイントになります。バイクのコンディションが良ければ良いほど、より高く買取ができる可能性がアップします。バイク査定時にはエンジンの状態をチェックするために音を聞いた判断する作業もあります。4ストロークエンジンの原付売る場合には、まずエンジンのメンテナンスをしっかりと行うことが重要です。4ストロークエンジンのメンテナンスをする時には、エンジンオイルの...

 
 

原付を売る場合、現在は4ストロークエンジンの方が主流になっているので、4ストロークエンジンの方が買取価格は付きやすい傾向があります。また買取をしてくれやすい傾向もあります。4ストロークエンジンの良い所は、使い勝手の良い所にあります。2ストロークエンジンと比較して、燃費が良い車種が多いです。このため、ガソリン代を節約することができます。また4ストロークエンジンの方が、高い耐久性を持っている傾向があり...

 
 

なぜ4ストロークエンジンの原付買取価格が高いのか?基本的に2ストロークエンジンと4ストロークエンジンを比較した場合、買取価格が出る可能性が高いのは、4ストロークエンジンと呼ばれています。将来的には原付売るのであれば、4ストロークエンジンの原付を購入すべきです。2ストロークエンジンの買取価格が安いのには、いくつか理由があります。まず2ストロークエンジンはもともと安い価格で購入することができる点が挙げ...

 
 

2ストロークエンジンの原付では売るテクニックが大切!2ストロークエンジンの原付売る場合に、他の車種も同様なのですがバイクの外見をきれいにしておくことは重要です。しかしバイク買取業者の話がよくインターネットでも紹介されていますが、原付バイクはそのままの状態で査定に持っていくべきと紹介されていることがあります。これは確かに一部正しいのですが、少し注釈が必要です。原付バイクで故障している、もしくは転倒を...

 
 

季節という売るタイミングを考えましましょう!4ストロークエンジンの原付売るのであれば、売るタイミングをチェックしてみると良いでしょう。4ストロークエンジンは今では原付の中でもポピュラーな車種になっています。バイク買取業者を見てみると、季節によってより多くのバイクが欲しいと思うこともあれば、そこまで大量のバイクは必要ないこともあります。より多くのバイクが必要と思っている所に、4ストロークエンジンのバ...