原付の走行距離と売却値段の関係とは

バイク売る

 

 

原付売る

自動車やバイクの買取をする時にポイントになる事項があります。

 

それは、原付の今までの走行距離です。

 

乗り物は精密機械でもあって、長年走行すればするほどどうしても故障をするリスクが高くなってしまいます。

 

そこで走行距離が長ければ長いほど、査定額はダウンする傾向があります。

 

原付についても同様のことが言え、長く走行していればいるほど査定額はダウンしてしまいます。

 

原付売る場合には、走行距離と言うよりも何年乗り続けているかということが問題にされることが多いです。

 

多少原付の車種によっても変わってきますが、1年経過をするたびに、1万円程度査定がマイナスになると思っておきましょう。

 

中にはかなり走行していて、1万kmを超えるような原付を売却しようと思っている人もいるのではないでしょうか?

 

1万kmになってしまうと、なかなか買取をしてくれないと思って、諦めてしまう人もいるようです。

 

しかし原付の車種の中にはなかなか頑丈な車種もあります。

 

2万kmを超えても、まだまだ現役でバリバリ走っている車種もあります。

 

もし長年乗り続けていて、走行距離もあってしかも年式の古い原付があったとします。

 

しかも別に特別人気のある車種でもなかったとします。

 

このような車種であっても、買取専門店に査定を出せば、1〜2万円程度の値が付く可能性もあります。

 

ですから、自分の原付はもはや売れないと思うのではなく、いろいろな買取業者に査定を出してみることが重要なのです。

 

人気の一括バイク買取見積と大手バイク買取専門店の2面作戦とは

バイクを高く売りたい方はここが大事なポイントかも!


まずは、人気の一括バイク業者買取見積もりと、大手バイク買取専門店(店舗買取もできる)との2面作戦であなたもバイクを高く売ることができる!


バイク売る 方法

どうしても決められない人はランキング順位から決めましょう≫

原付の走行距離と売却値段の関係とは

トップへ戻る