まさかの廃車(処分)になったときの手数料とは?

原付売る


バイク買取 口コミ

原付売る

大切に乗った愛車、今いくら?

 

バイク廃車 処分

 

原付廃車では知らないと損をすることが一杯?!

 

原付バイクは、結構ボロボロになってくると「どうせお金にならないし、処分では逆にお金がかかるから路上放置」なんていう方も多いのではないでしょうか。

 

確かに、バイク買取業者に原付買取依頼をしてみたところ、買取りの対象にならず逆に処分手数料が1万円もかかると言われ驚くこともあるようです。

 

何にも知識がければ「気軽にお願いします」と言ってお金を払ってしまうかもしれません。

 

ですから、そのようなことがないように少しでもバイクの廃車(処分)手数料のことを知っておくことが大切です。

 

バイク処分手数料に関しての知識があれば、簡単に処分代金1万円をとられるようなことはありませんし、路上放置状態になっている元愛車の姿を見ることになるようなこともありません。

 

そんな訳で、バイク廃車、もしくは処分手数料に関してをまとめてみました。

 

ちょっと知っているだけでも賢いバイク処分の仕方ができるようになります。

 

もし1万円の手数料がなくなれば、その浮いた分を新しいバイクの購入資金にすることができます。

 

それってかなり嬉しいかも♪」です。

 

以前ですが、管理人も2サイクルエンジンのブローアップが原因でいきなり原付が廃車になったことがあります。

 

走行距離16.000キロ、購入してからほぼ3年目のことでした。

 

このときはたまたま原付を購入したバイクショップから100mくらいの距離でのことでしたので、そのまま押してバイクをショップまで運んで終了となりました。

 

バイク本体はエンジンが逝ってしまっていますので、、ほとんどパーツ取りメインとなりました。

 

このようなときでもちょっと廃車と手数料に関してのことを知っているのと知らないのではかなりの差がでると思います。

 

ここでは、原付の廃車処分廃車の手続き、そしてバイク保険の解約についてをまとめてみました。

 

次ページへ≫

まさかの廃車(処分)になったときの手数料とは?記事一覧

廃車(処分)についてバイクを売る場合は、すべての場合で買取りとなるわけではなく廃車や処分という選択を選ぶ場合もあるかもしれません。このような場合は買取りにはならずに逆にお金を支払って廃車、処分してもらうようになります。試しに、大手バイク買取業者のバイク王で確認をしてみました。廃車や処分の場合の手数料は排気量に関係なくバイクの状態だけをチェックしてから5000円から10000円くらいの処分料金を支払...

バイクの部品取り、スクラップリについて廃車(処分)の基本的な考え方ですが、部品取りができるバイクと、スクラップになるしかないバイクの二通りがあります。部品取りができるバイクでしたら買取り金額がつく場合もあるのですが、スクラップですと逆にお金を支払って処分してもらうようになります。ですので、自分のバイクがどちらに該当するかを事前に考えておくことが大切です。バイク 部品取り部品取りが出来るバイクは、人...

廃車(処分)手続きバイク買取業者で買取りする場合はすべて業者が手続きを代行しくれますが、廃車を自分で行う場合は手続きをおこなわなければなりません。原付廃車を決めたら3月31日までにナンバープレートを区市町村の窓口に返却届けをだすようになります。なぜならば3月31日を超えると自動的に税金を一年分を支払うことになるからです。原付第一種ですと軽自動車税は1000円、原付第二種(51cc〜91cc)120...