アップルで原付を売ることに

アップル 原付

 

 

バイク売却をアップルに決意した理由

 

今回売却することになったのは、スズキアドレスV50です。

バイクワン  スズキアドレス

 

原付を売ることにした理由というのが、社会人になって収入も増え車を購入することができたためです。

 

それまではお金に余裕がなかったので、原付で通学から通勤をしていたのですがお金に余裕もできたので、車に切り替えることにしました。

 

近所に出かけるときの足として原付を残しておいてもいいかなと思ったのですが、余計なものを手元に残しておくほどの余裕があるわけではありませんでしたから処分をすることにしたのです。

 

十分すぎるほど活用をしたので、お金にならなくても構わないと思っていたのですが、処分をするにはどうしたら良いのかわからなかったので、それだったら売りに出したほうが良いのではと考えたのです。

 

いくらであっても引き取ってくれるのであれば、処分の手間がかかりませんから処分の手間を考えて売ることにしました。

 

アップルに決めた理由

 

アップルを選んだ理由というのは、中古車の買取もしている業者でよく名前を聞くので安心かなと言う軽い気持ちで選びました。

 

元々金額をそれほど重視をしていたわけではありませんでしたから、トラブルなく買取をしてくれるということを第一に考えていました。

 

それを考えれば知名度が高くて、規模の大きなアップルは安全なのではないかなと思ったのです。

 

特にバイクの場合にはどこの業者が有名で、高く買い取ってくれたりスムーズな取引をすることができるのかよくわかっていなかったので、車の買取での実績があるアップルだと安心だと感じました。

 

実際にはそれほど大きな差はないのかもしれませんが、知識がないのであれば会社の規模や知名度というのは選ぶ基準としては重要なものであり、安心して取引ができそうというのは決め手には十分なものでした。

 

アップル担当者(査定士)の対応

 

査定を受けたときの担当者は、とても対応が良くて感心しました。

 

高く売れるのかということよりも値がつくのかということを心配していたのですが、とにかくいい部分をしっかりと見てくれたのでそれだけで信頼をすることができる業者だと感じました。

 

年式が古いのと走行距離が少し多めということもあって、その点はマイナスだということで状態はいいけれども高値をつけるのは難しいと申し訳なさそうに言ってくれたので、とりあえず値が付くのかと思ってそれだけでもホッとしました。

 

そして、提示された金額というのは1.3万円くらいで高いものではなかったのですが、処分の手間を考えるとそれだけで儲けものと言うぐらいの金額でしたし、ちょっとした小遣い程度になる金額だったので買い取ってもらうことにしました。

 

実際に契約をする際の対応もスムーズで、いい担当者に当たったと思います。

 

管理人シバのちょっと一言

 

アップルで原付を売ることに

 

管理人シバのちょっと一言

 

アップルで原付を売ることに

また、今回買取されたスズキアドレスの買取査定を管理人シバも大手買取業者の自動査定をもとにチェックしてみました。

 

査定項目は、メーカー名、排気量、車種、走行距離からの4点で、個々のバイクの状態(傷、破損部分、改造などの有無など)までは計算に含めていません。

 

メーカー名
スズキ
排気量
0〜50 cc
車種
アドレスV50 CA44A
走行距離
5,001〜10,000 km
上限買取価格
41.300円
平均買取価格
20.800円

 

上記はアドレスV50 CA44Aの買取例です。

 

年式が古いのと走行距離が少し多めということでしたが、アドレスV50と5,001〜10,000 kmとして計算してみました。

 

また、この例ですと1.3万円はちょっと安いのかなと思うのですが、もしかすると年式がもっと古いことも考えられますので、状態良くてもやや妥当な買取価格としました。

 

バイクの買取では車種の人気も大事なのですが、年式と走行距離は査定金額にかなり影響があります。

 

また、車に乗り換えるための処分ということと、年式が古いということで、ちょっと気持ちが抜けたように感じました。

 

どんな理由があったにせよ、最低でも3件くらいのバイク買取業者を競合してほしかったです。

 

3件の競合で自分のバイクのほんとの価値がわかってくるのと、一番条件が良い価格で売ることができるからです。

 

ちょっと努力がたらないこともありましたので、管理人シバの買取評価はもっと頑張れ!です。

 

 

3つのバイク買取方法で高価買取

ブライダルフェア 矢印