バイクランドに原付を買い取ってもらった

更新日2018.10.5/公開日2018.7.9

原付売る,バイクランド

 

 

バイク売却をバイクランドで決意した理由

 

適当な通勤手段がなかったので、ホンダのスーパーカブで通勤をしていましたが、原付での通勤は大変でした。

バイクランド 買取

 

車はあるのですが会社に駐車場がないので車を使うことができず、交通機関の接続も悪く消去法で原付を選ぶことになってしまったのです。

 

天気の悪い日は使うことができませんし、帰りの最中に雨などが降ってくるとかなり疲労が溜まってしまうものでした。

 

唯一良い点といえばお金がかからないということで、燃費もよく耐久性も抜群でしたからほとんどお金がかからなかったのは救いでした。

 

このような感じだったので、できれば原付での通勤をやめたいと思っていたのですが、事務所が移転することになり車通勤が可能になったため原付を使う必要もなくなったので売却をすることにしたのです。

 

買取金額はさほど期待しておらず、気持ちとしては処分の色合いが濃いものでした。

 

実際のバイクランドでの売却額について

 

バイクランドで買い取りをしてもらうことになったのですが、価格は3万円にもなって驚いてしまいました。

 

予想より高い買取提示でした。

 

一応事前に軽く相場を調べておいたので、3万円以上で売れることもあるということはわかっていたのですが、まさか自分が乗っているものがそこまでの値がつくとは思っていなかっただけに、良い意味で予想を裏切られました。

 

処分することが目的でしたし、元が安い原付だったので数千円の値段であっても別に驚かないと思っていましたから、予想外の高評価に素直に嬉しいと感じました。

 

話を聞いてみると状態が良いということで、このような評価に繋がったわけですが雑に扱ってきたわけではないにしても、特別丁寧に乗っていたわけでもなかったので意外な高評価に驚きでした。

 

これもスーパーカブという原付の特性もあったのかなと、考えています。

 

バイクランドの査定額アップに有効だと感じたポイント

 

査定の前には一応ではありますが、綺麗にしておいたのが査定額のアップに繋がったのかなと感じました。

 

特別愛着を持っていたわけではありませんが、あまり汚いのは好きではなかったので週末には適当に綺麗にするようにしておき、査定の前にも念入りに細部を掃除しておいたので、その結果見栄えが良くなって査定額がアップしたのかもしれません。

 

また、それ以外に特別大事に扱っていたということもありませんが、転んだり傷がつくようなことがなかったというのも査定額アップに繋がったような気がします。

 

後は定期的にオイル交換をしていたということだけアピールしたのですが、そのような部分も認めてくれた感じがありましたから、このような部分も意味があったと思っています。

 

積極的に何かをしたわけではありませんが、ちょっとしたことが査定額アップに繋がったようでした。

 

管理人シバのちょっと一言

 

バイクランドに原付を買い取ってもらった

 

管理人シバのちょっと一言

 

バイクランドに原付を買い取ってもらった

管理人シバも他の分野の買取店長を仕事にしています。

 

買取するときはちょっとした手間をかけることで、査定の結果に大きく違いがでることもあります。

 

と、言いますのは、買取は他の人に転売することを目的として査定価格をしますので、見た目がきれいなことは査定評価に大きく反映しますし、オイル交換がなされていることは、バイクが大切に使われてきたことをアピールすることになるからです。

 

査定とは、走行距離、年式、色、傷、カスタム度などで一律に査定計算するのではないということです。

 

ですので、適切なクリーニングの仕方を知っておいて、ひと手間をかけて買取査定依頼をするようにしましょう。

 

管理人シバには、模型、プラモデルの塗装を趣味にしている友人がいます。

 

査定をするバイクに塗装するというわけではないのですが、綺麗に見せるためのコツを知っていて、彼が手にしたバイクの査定はいつも高価になります。

 

彼から、バイクを綺麗にして高価査定にするための方法も、他のページにまとめてありますので参考にしてください。

高い査定のためのバイククリーニングとは

 

他にも、ホンダカブ50は現行でも販売していることと、ビジネスユースであること、燃費が良いこと、マーシンの耐久性もあること、などから人気のある原付バイクです。

 

また、今回買取されたスーパーカブの買取査定を管理人シバも大手買取業者の自動査定をもとにチェックしてみました。

 

査定項目は、メーカー名、排気量、車種、走行距離からの4点で、個々のバイクの状態(傷、破損部分、改造などの有無など)までは計算に含めていません。

 

メーカー名
HONDA
排気量
0〜50 cc
車種
カブ50(AA01-170〜)
走行距離
5,001〜10,000 km
上限買取価格
\ 72,300
平均買取価格
\ 41,300

 

上記はカブ50(AA01-170〜)としての買取例です。

 

仮に、走行距離は5,001〜10,000 km としましたのは、そこそこ乗り込んでいる状態で、かつバイクの調子が最高のときを想定してみたからです。

 

また、上限買取価格について買取業者についてですが、ほとんど新車の状態の買取価格を言っているそうですので、ある程度走行しているバイクですと平均買取価格からとなるそうです。

 

他にも、季節などの時期や、バイクの年式によっても買取価格に変動があります。

 

高い買取を希望するならば、季節や年式変更なども考えに入れて査定をすることが大切になります。

 

ですので、平均買取価格を中心にバイクの状態に応じて買取価格を計算するということになります。

 

その理由からAさんの査定は3万円でしたので、同じ条件ならば管理人シバも渋々OKの査定ではないでしょうか。

 

管理人シバの買取評価は渋々OKって感じです。

 

 

3つのバイク買取方法で高価買取

ブライダルフェア 矢印