ピアジオ(イタリア)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは

原付売る


バイク買取 口コミ

原付売る

大切に乗った愛車、今いくら?

 

ピアジオ

 

ピアジオのバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは

 

ピアジオ(イタリア)のバイクメーカーとは

イタリアからの輸入バイクにピアジオ社があります。

 

このバイク会社では人気のべスパ、ピアジオMP3 250、2サイクル、
過激な走りで知られているジレラ ランナー2サイクルと4サイクルがあります。

 

べスパをバイク買取業者の相場で調べてみたのですが、
ベスパ50S の買取相場では7000円〜61000円でした。

 

このべスパの特徴は、長い間人気があるモデルですので、
古いタイプと新しいタイプがあり、
いわばプレミア的に買取りされている場合もありますが、
基本的には年式によってはそれなりの買取価格を期待できると思います。

 

他にもジレラ ランナーという過激な4サイクルモデルがあります。

 

以前は2サイクルの過激な2サイクルバイクとして多くの方に人気があったのですが、
環境のため現在では4サイクルモデルに変更になっています。

 

遅いと言われた4サイクルエンジンが、
不思議なことにジレラ・ランナーは4サイクル単気筒なのに過激に早いことです。

 

実はこの秘密は高回転エンジンにありました。

 

ジレラランナーの通常走行時回転数は5000〜6000千回転弱くらいです。

 

この数字は日本バイクにあてはめてみると、
ほとんど加速状態の回転数がこれに相当します。

 

つまり日本のバイクの加速状態の回転数が、
ジレラランナーでは通常走行回転数になるわけです。

 

これはメーター読みからですが上限回転数では、
10000回転弱くらいまでまわります。

 

確かに、この理由から早いのですが、
その分、エンジン耐久性があるといわれる4サイクルでも、
ジレラランナーの耐久性は極端に短くなります。

 

通常のメンテナンスでは、
バイクを維持するために品質の高いオイルを使用したり、
定期的なメンテナンスも欠かすことはできません。

 

また、個体によっては当たり外れがあることも
イタリアンバイクの特徴かもしれません。

 

管理人が所有するジレラランナーは10000キロ弱でクランクが
動かなくなり、動力部分の全壊扱いとなりました。

 

動力部分の全壊扱いとは、新しい動力を載せ替えることになりますので、
その修理に必要な金額はほぼ新しいバイクを購入くらいになります。

 

具体的には、ジレラランナーST200の走りだし価格60万円くらいに対して、
動力部分の部品代金30万円くらい、その修理に必要な代金15万円くらいと
なるからです。

 

それでOKかという訳ではありません。

 

動力系が全壊ですと、それに繋がる動力部分に何らかの影響があるため、
壊す前の状態に戻すことがかなり難しいとさえ言われました。

 

知人が所有するジレラランナーも8000キロでエンジンが全壊したそうです。

 

どちらの状況もメーカー補償の期日が過ぎてしまっていたことで、
すべての修理代金の支払は自腹となってしまいます。

 

パワーがでているぶんスピードが早いのですが、
このようなリスクもあることも知っておきましょう。

 

その意味から、このバイクを購入するときは、
長い期間乗り続けるのか、短期間で売却をするのかを
最初の段階で決めておきましょう。

 

このようなイタリアンバイクを売却をしたいならば、
なるべく走行距離の少ない新車に近いうちに手放すことが大切だからです。

 

売却をしようと考えたときに、
管理人のようにエンジンが全壊してからでは売ることも不可能となるからです。

 

他にも、売るときは複数のバイク買取業者に依頼することです。

 

その理由は、イタリアのバイクに得意な業者もいれば不得意な業者もいるからです。

 

複数のバイク買取業者の見積もりを比べたり、
複数の業者の見積り比較をしたりと、
国産バイク以上に売るための努力が必要となります。

 

ピアジオ ジレラ ランナー

 

ピアジオ

 

ピアジオ

 

ピアジオと言うイタリアのバイクメーカーがあります。

 

こちらのバイクもライダーの間で高く評価されているブランドの中の一つです。
その中でも、ピアジオMP3 250は高く評価されている車種の中の一つと言えます。

 

フロント2輪のスリーターが基本形式ですが、
サスペンションやステアリングの所にオリジナリティがあります。

 

この機構を持っているため挙動に絶対的な安定感がある所が高く評価されています。

 

さらにコーナリングをしていく時も安心できますし、
ブレーキングシステムもかなり強力なので快適にツーリングすることができます。

 

また非常に速さも兼ね備えていて、
決してスポーツタイプのバイクにも負けないだけの性能を持っています。

 

ピアジオMP3 250ですが、
中古車業界でも高く評価されている車種です。

 

ピアジオMP3 250売ることになると25万円前後で売却することはできます。

 

しかも比較的年式の新しい車種で走行距離もそれほどではないのであれば、
より高い査定額を出すこともできます。

 

中には、35万円弱の査定額を付けたピアジオMP3 250もあるくらいです。

 

自分のピアジオMP3 250を手放そうと思っているのであれば、
インターネットの簡易査定を受けてみるのはいかがでしょうか?

 

そうすれば、自分のピアジオMP3 250のおおよその買取価格を知ることができます。

 

価格のイメージを持って交渉すれば、
ピアジオMP3 250が間違っても安く買い叩かれる心配も少なくなります。

 

他にもピアジオには人気のモデルがあります。

 

昔から人気のべスパと、
過激なエンジン特性を持っているジレラランナーなどです。

 

特に、ジレラランナーは4サイクルですが、
バイク自体の寿命にも難しいものがありますので、
できたらこのタイプを専門に扱うお店で買取りをすると良いと思います。

 

なるべく、複数の同じようなお店で査定を出してもらって
それを見積もり金額を比較するようにしましょう。

 

ピアジオ

 

ピアジオジレラランナー

ピアジオの買取りとは

 

ピアジオランナーの買取り金額と平均買取金額をチェックするわけですが、
このピアジオランナーに関してはチェックする意味が低いと考えて、
あえて具体的な買取数字の提示をしませんでした。

 

其の理由は、殆どの買取店での車種名表示がしっかりとされていないからです。

 

ランナー180
ランナーFXR180
ランナーFXR180SP
ランナーVXRSP
ランナーVXR200

 

車種名表示すらもしっかりとされていないということは、
どの買取店でもあまり積極的にこのタイプの買取をしたくない
と言っているようなものだからです。

 

管理人の所有していた最終型のモデル、ランナーST200とランナーST125
の項目がどこもありませんでした。

 

この後、複数の買取業者にランナーの買取を聞いてみたのですが、
ランナーST200といっただけで、年式、走行距離、カラー、オプションパーツの有無、
を聞くこともなく6000円とだけ言われました。

 

それなりの金額で購入することができるのですが、
後になって売るときはこのような結果になることを知っておきましょう。

 

 

≪前のページへ  次ページへ≫

ピアジオ(イタリア)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは関連ページ

人気の旧車、名車、絶版車のバイク買取りとは
人気の旧車、名車、絶版車のバイク買取りとは
ホンダ(HONDA)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
ホンダ(HONDA)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
ホンダ(HONDA)の原付スクーターバイクの買取状況や買取時の注意点
ホンダ(HONDA)の原付スクーターバイクの買取状況や買取時の注意点
ヤマハ(YAMAHA)の原付スクーターバイクの買取状況や買取時の注意点
ヤマハ(YAMAHA)の原付スクーターバイクの買取状況や買取時の注意点
カワサキ(Kawasaki)の原付スクーターバイクの買取状況や買取時の注意点
カワサキ(Kawasaki)の原付スクーターバイクの買取状況や買取時の注意点
スズキ(SUZUKI)の原付スクーターバイクの買取状況や買取時の注意点
スズキ(SUZUKI)の原付スクーターバイクの買取状況や買取時の注意点
ハーレー(HARLEY-DAVIDSON)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
ハーレー(HARLEY-DAVIDSON)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
キムコ(KYMCO)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
キムコ(KYMCO)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
PGOのバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
PGOのバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
サンヤン・三陽機車(SYM)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
サンヤン・三陽機車(SYM)のバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
MVアグスタのバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは
MVアグスタのバイクメーカーの買取状況や買取時の注意点とは